« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »

ワンフェスに行った

 森川嘉一郎さんのお誘いがあったので、ワンフェスに行ってきましたよ。田舎に帰ろうか迷っていたのですが、お誘いがあれば決断は一瞬。甥っ子姪っ子よ、君らとはいつでも会いに行けるから…(お小遣いも渡さなくていいですしね)。

DSC01182a

 食玩に関しては、正直飽きられてきているかな、という印象を持っており、立体全体のテンションも下がってきているかな、と思っていたのです。ところがアマチュアベースのガレキに関しては全然そんなことはありません。開幕のディーラーダッシュ(ディーラーとして参加している人が、開幕と同時にお目当てのディーラーまで走る)を見たのですが、その情熱たるや!作られている作品も、以前の「困ったらセラムン」「困ったらベルダンティー」といった画一化されたものとは違い、好きなものを好きなように作る、という風に変わってきているように思いましたね。どうやって許諾を取ったのだろう?と感じさせるようなキャラもあり、どこに萌えているのか不明なマイナーキャラもあり。「イデオン」にほんのちょっとだけ出てきた、「バイラル・ジンの看護婦さん」というフィギュアがあったのには、さすがに目が回りましたね。あとは、唐沢なをきや水玉螢之丞も指摘していますが、知っている人だけを唸らせるようなヘンテコなアイテムがあるところも面白いですね。森薫の漫画「シャーリー」の後書きに出てくる「変なスイッチ」があったのには、つい笑ってしまいましたよ。「バチーン」とか「そこが重要なんです!」の台詞付きで!


DSC01199
 それから、現在流行している状況とのタイアップもあったのが興味深かったですね。2枚目の写真は、ボークスのブースで売られていた、ドラマ版「電車男」のオープニングに出てくる女の子のフィギュア。どうやら即座に売り切れだったみたいですね。ドラマの出来はよく分かりませんが(1話しか見てない)、OKAMA先生によるキャラの造形はまったく抜かりありませんからね。現在進行中の状況をさっと立体化してさっと売る、というフットワークの軽さが面白いなぁ、と思いましたね。

DSC01206a
 あとは企業の動き。食玩については弱まっているのは間違いないですが、食玩とは別のルートで、書店やオタクショップで売る系統のフィギュアが盛り上がってきていますね。島田フミカネの「メカ娘」も第2弾が出るとのことですし。そのへんは大嶋優木あたりの影響が強いのでしょうね。ぷに傾向強いですし。3枚目の写真はとらのあなが企画している「ナードたん」。よりにもよって「ナード」と「たん」をくっつけるとは!


 
 ガレキ部門については、根本的な問題を抱えているのが明らかですね。需要の大きさに対して供給がまったく追いついていませんから。そのせいかダミーサークルが多いこと。見やすくなっていいといえばいいんですが。それから企業部門も、単価の上昇、コンテンツの飽和といった問題を抱えつつあると思います。「チョコエッグ」「WTM」といった海洋堂のプロダクトが持っていたインパクトも、随分当たり前のものになってしまいましたからね。ただ、まだまだ立体に対する情熱のポテンシャルは高いです。立体が持つ存在感も大きなものがあります。情熱が先細りしているわけではない、ということを知って、少し安心したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »