« 敵が味方になる謎 | トップページ | トミノ吠える2 »

「かしまし」と男の子たちの生きにくさ

 「かしまし」が気になっています。「電撃大王」連載中で、アニメも放送中の。

 宇宙船にぶつかられた結果、遺伝子レベルから女の子になってしまった男の子・はずむの物語です。男の子だったときは、ガーデニングが趣味の、クラスの中でも目立たない存在。ですが女の子になると、とたんに明るくなります。女の子になることで、幼なじみで活発なとまり、美少女ですが孤独なやす菜との恋も成長していきます。

 象徴的なのは、男の子だったときのはずむは、常に目が隠れて描かれることです。行動もはっきりしません。男の子の時のはずむは、「ほんとうの自分ではない」ことが、明に暗に示されるのですね。はずむは、女の子になることによって解放され、「ほんとうの自分」になるのです。そして女の子との恋愛も可能になるのです。

 あかほりさとるが原作なので、基本的にはあまり面倒なことは考えていないでしょう。百合ブームに乗って、女の子どうしの恋愛を描こう。主人公がもと男なら、読者のほとんどを占める男の子からの共感も得やすいだろう…といったことぐらいしか考えていないのではと思われます。ですが、はずむの姿には、読者として想定されている男の子たちの「生きにくさ」が、強く反映されているように思えてなりません。

 生きにくい男の子の内面には、「女の子になりたい」という気持ちがどこかにあるのだと思います。女の子になれば女の子と親しくおしゃべりすることができる。女の子になればおしゃれなどが気兼ねなくできる。女の子になればなにもしなくてもちやほやしてもらえる…。女の子になって生き生きしているはずむの姿には、そうした願望が投影されているように思えてなりません。そしてそれは、「男である」「男らしく振る舞うことを期待される」「男としてのライフコースを選択することを迫られる」男の子たちが抱えるであろう苦しさを反映しています。また、女の子と上手く接することができないために、女の子には縁がないだろうと絶望している男の子たちの気持ちも反映しているでしょう。普段は女の子にはまったく近づくことはできませんが、女の子になれば合法的に仲良くなることができるのです。なんという絶望!

 ここに書いた「生きにくさ」は、私がかつて感じていた生きにくさや絶望から想像したものなので、現在の若い人たちの生きにくさとは別物の可能性があります。ですが、当たらずといえども遠からずなのではないか、と感じています。実際本当に女性との接触可能性がない男子はいますし、自分からその可能性を閉ざしている男子もいます(本人としては閉ざしているつもりはないんでしょうが)。

 「女の子になりたい」と思うことで、常日頃感じている「生きにくさ」からの逃避をはかる…そう評するのは簡単です。ですがこの作品の裏には、非常に深刻な自我とコミュニケーションの危機が隠れているような気がしてなりません。そして、「女の子になりたい」と思うことが、男の子の救いになり得ている(気休めかもしれませんが)ということに、問題の根深さを感じます。

|

« 敵が味方になる謎 | トップページ | トミノ吠える2 »

コメント

読ませていただきました。C69で隣のブースの売り子をして最後に「灰羽連盟を読む」を買わせていただいたものです。
かしましに関するご指摘、大変興味深く感じました。実は私、最近「舞ー乙HiME」「舞ーHiME」に嵌っており、先日、特別サイトの開設をし、夏までに感じたことを纏めて刊行しようと考えていたりします。理由としては自分的に面白いというのが一番ですが、たいまつさんが取り組んでいらっしゃるテーマにも近いものを「舞ーHiMEPROJCT」から感じ取ったからというのもあります。簡単に言えばメインヒロイン「HiME」たちにはそれぞれ心の欠落があるということです。詳細はここで述べる事ではないので割愛いたしますが今後とも参考にさせていただきたく存じます。それでは

投稿: 飛鳥井 誠一 | 2006/02/02 01:36

たけくまメモで九郎正宗氏がこの問題に関連するblogを紹介していますね。

投稿: 中学生日記「僕たちオトコの子!?」 | 2006/02/16 00:58

たけくまメモで九郎正宗氏が件のblogを紹介するurlを採録しました。御覧下さい

http://taimatsu.cocolog-nifty.com/ionisation/2004/11/post.html#c1288102
が流れちゃうと嫌なので前の書き込み
http://taimatsu.cocolog-nifty.com/ionisation/2006/01/post_3577.html#c6413539
は削除して下さると嬉しいです。

投稿: 再イオン化では中学生日記「僕たちオトコの子!?」を取り上げています | 2006/02/16 20:34

、既に幾つかの場所で紹介されているようです。『かしまし』の世界がリアルに在る事に驚かされます
http://d.hatena.ne.jp/genesis/20060131

投稿: たけくまメモで九郎正宗氏が紹介したblog | 2006/03/05 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39430/8342819

この記事へのトラックバック一覧です: 「かしまし」と男の子たちの生きにくさ:

» 『かしまし』と男の子たちの生きにくさ……?(伝聞ver.) [succha]
mixiでたけしとさんから話を振られたのでmurmur。なんでも、再イオン化さんの「「かしまし」と男の子たちの生きにくさ」という記事を読んで、このmurmurの「西野が「百合」に至るまで」を思い出したとのこと。いや、西野は『かしまし』って一度も見たことなくて、以前話を聞いたときに「はいはいあかほりあかほり百合ブームに乗ってまた一儲けですかご苦労様です」って思ってスルーしていたので、アニメもマンガもぜんぜん見てないのだけれど汗(※というわけで以下『かしまし』を見たことのない西野が伝聞だけでものを言いま... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 21:46

» 「かしまし」をめぐるいろいろなお話 [EOB Dairy? Station]
「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」に関する二つのコラムを見つけたので一言。 ... [続きを読む]

受信: 2006/02/01 23:13

» Re:「かしまし」と男の子たちの生きにくさ [セクマイ(Sexual Minority)雑感]
いや、とにかくまずはトラックバック先を読んでくださいませ。 わたしは、ものすごーく腑に落ちました。 ただ、わたしは「女の子との接触チャンスがない」ということはなかったと思うので、そこだけは違うような気がするけど。 中高は男子校だったけど、その頃特に女....... [続きを読む]

受信: 2006/02/18 23:14

» 今期のアニメ&4月の新番 そして… [Kal 7.92]
たまにはアニメの話でもしようかと。 [続きを読む]

受信: 2006/03/20 18:52

» 「かわいいは正義」という絶望 [FULL MOON PRAYER]
こことかこことかこことかここのエントリーを見て、自分がずっと感じていることを文章にしたいと思ったので、あまり外向けに書くことではないと思いつつ書いてしまいます。 去年の夏に乙女化する男子の話とか傷つける性としての男性とかの話を読んで、サークルの冊子で書いたものの焼き直しです。多分その辺の影響も受けています。 一般論でなく私論なので、不愉快な方は「僕たち」の部分を「私」に置き換えて読んで下さい。 以上予防線張り終わり。我ながらチキンです。 長いので続きを読むにしておきます。 「女の子にな... [続きを読む]

受信: 2006/03/21 02:11

« 敵が味方になる謎 | トップページ | トミノ吠える2 »